今年はぜったい焼かない! そのためには?

uv-1

そろそろ紫外線量が増える時期。「今年はぜったい焼かない! 美白命!」と決意している方、まずはしっかり「日焼け」について知るところから始めましょう。 

そもそも、紫外線って何?

uv-2

紫外線は、英語で「ultraviolet」と呼ばれています。「紫を超えた」というのが由来だそう。太陽や照明などの光から出ている可視光線(電磁波)は、波長の長い順に赤→橙→黄→緑→青→藍→紫と色が移行していきます。虹の色と同じですね。この紫色よりも波長が短く、視覚で捉えきれないのが紫の外、つまり「紫外線」になります。
ちなみに赤外線は、赤よりも波長が長すぎる「赤の外」の電磁波のことをいいます。

紫外線は何種類?

紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類があり、それぞれ波長の長さが異なります。いちばん波長が短いUV-Cは大気を通過することができないため、ほぼ地上に降りそそぐことはありません。次に波長の短いUV-Bが地上に到達するのは約5%程度となり、いちばん波長が長いUV-Aは太陽光の中で最も大気を通過し、地表に到達する紫外線の95%がこのUV-Aです。

紫外線と日焼けの関係

uv-3

UV-Bは波長が短く、ほとんどは表皮にまでしか到達しません。ですがUV-Aよりも強いエネルギーを持ち、表皮に影響を与えます。表皮の細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(=サンバーン)、色素細胞が防御反応をしてメラニンを生成したりします。

一方のUV-Aはエネルギーは弱いものの波長が長く、表皮のいちばん下にある基底層や真皮にまで達することがあります。するとハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞に損傷を与えてシワやたるみなどを引き起こしてしまいます。また、メラニン色素の合成を増進させるため、シミの原因にもつながります。

紫外線は、ビタミンDの生成など私たちに必要なはたらきをする一方、肌に大きなダメージを与えることにもつながります。これから紫外線量が増えてきますので、しっかり日焼け対策をおこなうようにしましょう。

↓今年は焼かない! そんなアナタにオススメの日焼け止めサプリはコチラ↓


関連コラム

  1. 身近な皮膚のトラブル「日光皮膚炎」とは?症状を知って紫外線対策をしよう!

  2. 【今さら聞けないスキンケア用語】SPFとPAって何?

    日焼け止めに表示されているSPFやPA、実際はどんなものかと聞かれると答えに詰まってしまいます。今さら人に聞けないSPFとPAについて解説します。

  3. 日焼け止めは1年中塗る!夜は塗る?疑問を解決します!

  4. 日焼け止めを塗るベストタイミング!知って日焼け対策に差を付ける!

  5. 「日陰にいたら焼けない」はウソ? 【うっかり日焼け】を防ぐコツ

    「日傘を差したりUV対策してるのに、なぜかうっすら焼けてるんですけど…」「突然シミが顔に…! 昨日はなかったハズ…」こんな経験、ありませんか? 実はUV対策をしているようで「うっかり日焼け」をしてしまっているなんてことがあるのです。うっかり日焼けを防ぐコツは?

  6. 紫外線対策、ちゃんとしないとどうなる?4つの恐怖

ページ上部へ戻る